飲酒や喫煙をする人は要注意

アルコールを摂取する機会が多い人

毎日飲酒している人が見られます。
ですが過剰に摂取すると、肝臓でアルコールを解毒できなくなり病気を発症します。
MRIでは、肝臓に異変が起こっていないかもチェックできるので、健康診断を必ず受けてください。
結果を見ると、今後はアルコール控えた方が良いと医師に言われるかもしれません。

辛いでしょうが医師の言うことを聞いていないと、将来大きな病気を発症してしまいます。
完全に禁酒しなくても良いので、1週間に2回ほど休肝日を設けてください。
それだけで、肝臓に与える負担を削減できます。
飲む量を減らして、肝臓を守りましょう。
今後の対策の方法を見極めるため、MRIを受けるのがおすすめです。
医師からも、アドバイスを聞いてください。

タバコを控えた方が良い

喫煙している人は、タバコを吸わない人に比べて肺ガンになる可能性が高いと言われています。
ガンは命を落とすことがある非常に恐ろしい病気です。
そんな結果にならないよう、タバコを控える生活を送ってください。
しかしこれまでずっと喫煙していた人は、急に禁煙するのは難しいでしょう。
最近は禁煙をサポートしてくれる、禁煙外来を設置する病院が増えています。

医師が禁煙のサポートをしてくれるので、心強いですよね。
MRIで検査して、このままタバコを吸っていると、肺ガンになるといわれた人は気をつけてください。
健康診断を受けた病院に禁煙外来がなかった場合は、おすすめの病院を紹介してもらえます。
医師からおすすめされたところなら、きちんとサポートしてくれるでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る